fc2ブログ
碓氷峠に架かるめがね橋へ
訪れてから2か月、ちょうど今頃は山々も赤く染まり美しい紅葉が観られるころかと・・・


長野県と群馬県の境、碓氷峠に架かるレンガ造りのアーチ橋
それが通称「めがね橋」です。

正式名は「碓氷第三橋梁」 明治26年に開通し、新線が開通する昭和38年まで

走り続けた旧信越本線、完成してから、なんと130年経っているんですね。

横川~軽井沢間が廃止されてから、国の重要文化財に指定され、少しづつ整備された
現在はレトロな雰囲気の観光スポットになっています。
IMG_5313.jpg

高さは31m、この上を機関車が走っていたんですね。
IMG_5312.jpg

橋を潜ると階段が見えてきます。
少々キツイので、夫には登ってくるから下で待っててよと言ったのですが、
気が付いたらいつのまにか登ってきていました。
IMG_5321.jpg

トンネルの先には碓氷湖があり、時間があればトンネルの中を歩いて行ってみたいところですが
15分ぐらいかかるとか、個人で来ないと無理ですね。
IMG_5315.jpg

このトンネルの先には旧熊ノ平駅
旧線跡、横川駅~熊ノ平駅間(全長5.9 km)が遊歩道「アプトの道」となっています。
IMG_5319.jpg

この「めがね橋」から、山の方を見ると、そこには、コンクリートで出来た信越本線の新線

電車が走ってくるような気がするのですが、長野新幹線、現在は北陸新幹線の開通によって
26年前に廃線となっています。
IMG_5318.jpg

ここから富岡製糸場までそう遠くはないはず、いつか行ってみたいと思っているけど
行けるかな~

二日目の観光はこれで終わり、いよいよ楽しみの草津温泉です。


[2023/11/17 23:16 ] | 信州 | コメント(2) | トラックバック(0)
軽井沢の散策

何度か訪れている軽井沢、平日とはいえそれなりに賑わっていました。
ゆっくりしたくても時間が限られたツアー、そこはちょこっと我慢して

昭和10年にイギリス人のワード神父によって設立された「聖パウロカトリック教会」、
若いころは芸能人も数多く挙式され有名になっていましたね。

この日も教会の中では結婚式が行われていました。

こじんまりとしていて素朴な雰囲気は今も変わってなかったです。

IMG_5300.jpg

天皇陛下と美智子さまが出会われたテニスコートも今日は静か
IMG_5307.jpg

軽井沢銀座通も、少し外れると昔のような賑わいは少なく店も閉まっているところもあって
その辺の商店街と変わりませんね。
IMG_5308.jpg

何故かこのお蕎麦屋さんだけはすごい行列ができていました。
有名なんですね。
IMG_5309.jpg

時間が気になるから、駐車場の近くでお茶でもと思ったら探してもないんですよね。
結局、どこにも入れず1時間半ほどの自由時間はあっという間に過ぎて・・・

昼食場所の峠の釜めし「おぎのや」へ向かいましたが、お昼ご飯はツアー代金には含まれてないのです。

コロナの前までは、ほとんどのツアーは食事付きだったような気がしますが
何もかも値上げで、旅行も高くなっているのに更に省けるところは省くってことなのでしょう。

でも、時間の足りない私にとってツアーは有難い存在、贅沢など言えませんね。


次は、めがね橋に続きます。



[2023/11/13 22:16 ] | 信州 | コメント(4) | トラックバック(0)
軽井沢町 白糸の滝へ

翌日は朝はゆっくりめに9時出発、観光はすべて長野県なので軽井沢町にある
白糸の滝に向かいました。

全国にいくつか白糸の滝がありますが、ここ軽井沢は上流に川がなく、浅間山の地下水が
湧き出し滝になっているので、雨の後でも水が濁らないのが特徴だそうです。

道路際にバスを止めて、自然に囲まれた遊歩道を歩くのはとても心地良く、滝に近づくにつれ

手前には小さな滝が水しぶきを上げていました。
IMG_5290.jpg

流れる水が糸のように静かに流れ落ちて・・・滝の側にいるだけで癒されますね。
IMG_5291.jpg

高さは3m、幅は70m、マイナスイオンを感じられて、リフレッシュできた気がします。
きっと今頃は紅葉も見ごろ、また違った趣があるのでしょう
IMG_5295.jpg


今日は全国的に暑かったですね。
この辺りも日中は23℃ぐらいあり、歩いていると汗ばむ陽気でした。

次は旧軽井沢の散策です。

[2023/11/02 22:15 ] | 信州 | コメント(2) | トラックバック(0)
志賀・草津高原ルートから万座温泉へ
ツアーの一日目は小布施の観光のみ、早めに万座温泉に向かいました。
信州中野から国道292号線を志賀高原方面へ、
IMG_5287.jpg

バスガイドさんは乗ってなくて、添乗員さんが気を遣って少し説明をしてくださいました。

標高1000mを超える志賀草津高原ルートには、火山活動で出来た無数の沼や池があり
素晴らしい景色を眺ながら絶好のドライブコースでしょうね。

娘たちが幼いころ夏休みになると毎年のように信州に来ていました。

いつの間にか成長し、親について来なくなっても、二人で車を飛ばして・・若かったです。

一度だけ、県境に近い横手山まで来たことがありました。
山頂にあったパン屋さん、まだあるようですね。  懐かしい・・・

県境の渋峠にある、日本国道最高地点(2172m)は、山の上にいるような感覚
バスから降りて、この絶景を眺めたい・・しかしそれは不可能、写真も撮れてません。

残念だけど、もう車でここに来ることはないでしょう。


一日目のホテルは万座高原ホテル、昭和の雰囲気が漂う温泉宿って感じでしたが
4種の源泉がある温泉はすごく良かったですよ。
IMG_1493.jpg

女性専用の内風呂が一つ、8つの湯船がある「石庭露天風呂」は混浴になっています。
IMG_5288.jpg

夜遅くに一緒にお風呂に行き、夫を探すも見当たらない
聞くと滑りそうだからすぐに上がったとか、確かにバランスの悪い夫には危ないかも
こけたら骨折ですものね。

食事は、朝、夕食ともビュッフェ形式でしたが、種類も多くまあまあ美味しかったです。

この国道も11月15日から来年4月24日まで通行禁止になるそうです。
紅葉は例年だと9月下旬頃からとか、関西より寒いだろうと思ったら当て外れ
半袖で十分でした。

翌日は軽井沢へ 続きます

また、UP寸前の記事が上半分消えてしまいました。
気を付けていたつもりなのになぜなんでしょう??

いつもご訪問くださり有り難うございます。


[2023/10/27 22:55 ] | 信州 | コメント(2) | トラックバック(0)
ツアーで巡る 久しぶりの信州

9月の半ばのことですが、観光は長野県、宿泊は群馬県というツアーに参加してきました。

日本三名泉の1つだというのに、草津温泉だけ行ったことがなくて・・

以前から一度は行ってみたいと思っていた草津の湯、関西からだと遠いんですよね。

全国旅行割が群馬県は延長とあって、旅行社のH.Pを見ても群馬に泊まるツアーばかり
関東から近いのに残っているということは、あまり人気がないのかな??


もうずいぶん長い間、泊りがけの団体ツアーには参加していませんが、時間さえ守れば
目的地まで連れてもらえる‥ こんな楽なことはありません。

集合は新大阪駅でしたが、京都駅からも乗車できたので、入場券を買って新幹線の
指定席で添乗員さんと合流しました。

新幹線はこだま、12号車が指定席になっているんですね。
名古屋駅から特急しなのに乗り換えて松本で下車、ここからバスです。

まず向かったのは小布施、駐車場にはツアーバスが何台も止まってて
1時間のフリータイム、浮世絵師、葛飾北斎の北斎館、時間がなくて入れなかったけど。。
IMG_5281.jpg

ここ小布施のアトリエでは、年老いてから恵まれた環境で大作を残しているんですね。
IMG_5280.jpg

2020年に新しくなったパスポート、査証ページには北斎の「冨嶽三十六景」の作品が採用されているとか

私は2019年に更新したのでしばらく見られませんが、次の海外はいつのことやら・・・

「もう海外には行かれへん」 と言う夫を置いては行けそうにありません。

駐車場から、そう遠くには行けないので近辺を散策することにしました。
雰囲気のある建物がたくさんあり、栗ご飯のランチが美味しい「蔵部」
IMG_5282.jpg

色んなあかりの道具を展示している「あかり博物館」その前には巨大なカブトムシのオブジェ
IMG_5284.jpg

大通りに面している「桝一市村酒造場」、お酒をやめている夫は
中を覗くと飲みたくなると素通り、試飲してみたかったのに・・
IMG_5286.jpg

最後に小布施は栗が有名なので、栗のジェラートを食べる。暑かったのでスッキリ

この後は万座温泉のホテルに直行です。



[2023/10/20 16:46 ] | 信州 | コメント(6) | トラックバック(0)
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>