fc2ブログ
琵琶湖は意外と近かった

アジサイが咲き始めたと思ったら、この辺りは早くも梅雨入りです。

IMG_4943_convert_20230529221111.jpg

6回目のワクチン接種の案内が私の周りでも届き始めていますが、

もう接種はしないと決めていて、前回も受けませんでした。

昨年、基礎疾患のある夫は4回目を接種して2週間後、脳梗塞になり、

その9日後病院内でコロナに感染、隔離中も含め散々な扱いを受けて以来、

病院にもワクチン接種にも不信感しかありません。

現在、循環器外来は転院していますが、何れ脳外科も変わるつもりです。

友人の中には腕の痛みがずっと続いている人もあったり、家族全員一度も受けてないけど
誰もコロナに感染していないなど、色々考えると何が正解かはわかりませんが・・。

今週は雨予報なので、昨日は琵琶湖までちょっと遠出してきました。
車だと遠い気がしますが、

JR京都駅から2つ目、大津で降りると、北口を出て駅を背に真っすぐ歩いて15分ぐらい
電車だと琵琶湖がとても近くに感じます。
IMG_4946_convert_20230529224804.jpg

ミシガンクルーズ船を眺めながら、お弁当を食べるのもたまにはいいもの
心地よい風が吹いていました。
IMG_4951_convert_20230529224944.jpg

休日のせいかヨットがたくさん見えます
IMG_4950_convert_20230529224547.jpg

帰り夫が良いところを見つけたと案内してくれたのは
京都駅ビルの大階段4階にある南広場、こんな場所がいつできたんでしょう??

夫が一人で出掛けた時たまたま見つけたとか・・

人工芝の上にテーブルや椅子、遊具も置いてあり、靴を脱いで寛いでる人も
リラックスできそうですね。
IMG_4954_convert_20230529221450.jpg

セブンイレブンの横の階段を上がった所です。


スポンサーサイト



[2023/05/29 22:39 ] | 滋賀 | コメント(2) | トラックバック(0)
香川の旅2日目 アートの島直島へ ②

世界が注目する島とあって、観光客は日本人より外国人の方が多い気がします。

「自然・建築・アートの共生」をコンセプトに、至る所に展示されているアート作品
島も広いので、とても短時間では回ることはできません。

風があって、少し肌寒かったけど、海を眺めながら・・ 
ここにカフェでもあったら良かったのにね~

やはり美術館が休みの月曜日は避けた方が無難です。

安藤忠雄の設計による建物が、瀬戸内海を望む高台に建っていますが
日帰りで楽しむのは到底無理なことですね。

ベネッセハウス パーク前の芝生一帯には、カラフルな作品がたくさんあって
「腰掛」  ほとんどがニキ・ド ・サンファールの彫刻 グッズのショップ前にあります。
IMG_4845_convert_20230516235018.jpg

「ラクダ」の背には植木が・・ 他にもユニークな作品がたくさんありました。
IMG_4840_convert_20230515100851.jpg

「シップヤード・ワークス 船尾と穴」 大竹伸朗
西側の海岸にある作品
IMG_4850_convert_20230516235848.jpg
IMG_4849_convert_20230515100414.jpg

ベネッセハウスミュージアムの方まで歩いてる人もいて、行こうとしたのですが
夫は疲れたというので、私だけショートカットの細い階段から入口まで行ってみました。
IMG_4853_convert_20230522224219.jpg

すると、休みだと思っていたらここは開いていたんですね。
でも、あまり時間もないし、しんどい夫をほっとけないので諦めました。

元気な時と違い無理はできません。直島に来ることができただけでもヨシとしなければ。
小高い丘の上に建っている美術館、お天気が良かったら景色は最高ですけどね。

街の様子はバスの車窓から見ることにして
細い道もあり、車で島に渡ることは住民の方にも迷惑なことだと思いました。

帰りのフェリーの時間が気になって、港に戻り軽いランチができるところを探すも 
休みばかり・・・

仕方なく海の駅「なおしま」のカフェでパンとスープで一息

14時20分発のフェリーで高松へ、これを逃すと17時までありません。

今日の宿、「ホテルレオマの森」に着いたのは16時半、1時間後には夕食
バイキングでしたが、種類も多く思ってたより良かったです。

ただ、ここは客室でWi-Fiが使えなくて、今時こんなホテルがあるんですね。
パソコンが使えず、夜は早々と寝てしまいました。

翌日はゆっくり出発、ひたすら自宅に向けて車を走らせました。

香川の旅、お付き合い下さり有り難うございました。

[2023/05/22 22:51 ] | 香川 | コメント(2) | トラックバック(0)
香川の旅2日目 アートの島直島へ
翌日は朝から曇り空、
直島行きのフェリーに乗るためホテルを9時ごろ出発しました。

港の駐車場を調べたら、たくさんあり過ぎて値段もまちまち、近くなって
左車線に入れず、右に曲がってUターンしようとしたらすぐ前に駐車場があった。

看板には8時間550円とあり、月極の中に6台だけのスペース、他は高かったから
もうここに決定、海岸沿いを歩いてフェリー乗り場まで5、6分、穴場です。

10時14分発のフェリーで行きは50分、帰りは1時間かかり往復990円でした。

チケットを買うとき 「今日は、月曜日で美術館休みですがいいですか?」と
わかっていながら、日程を早めたから仕方がないんです・・

外の作品は見られるし、まあどんなところか見るだけでもいいかなと

行きはまだ新しいフェリー「あさひ」、500人乗りの船室はガラガラ、
美術館が休みだから?
IMG_1188_convert_20230508231334.jpg
赤い水玉模様のフェリー「なおしま」は帰りに乗りました。
IMG_4868_convert_20230515100630.jpg

到着した宮浦港には、直島を代表するアート「赤カボチャ」があり、世界的に有名な
アーティスト草間彌生氏の作品です。

赤かぼちゃにはいくつかの穴が開いていて、作品の中に入ることもできるんですよ。
IMG_4866_convert_20230515100242.jpg

「直島パヴィリオン」 建築家、藤本壮介による作品。
多面体で“浮き島”を表現しているのだとか。

同じ港の近くにあり、夜はライトアップされ、昼とはまた違った趣があるようです。
IMG_4860_convert_20230515141132.jpg

宮之浦エリアからベネッセハウスに宿泊する人は、専用のバスがありますが、

私たちはかわいい町営バスに乗って、ベネッセハウスがある「つつじ荘」で下車(100円)
バス停の前には恵比寿神社鳥居があり、笠木の上に石を乗せると願いが叶うそうですよ。

IMG_4834_convert_20230515150714.jpg

直島のシンボル「南瓜」、通称「黄かぼちゃ」は2021年8月の台風で破損し
翌年10月復元されたばかりだとか。

高さ2m×幅2、5mあり、繊維強化プラスチック製で、海のすぐそばにあり
台風などの影響は受けやすいですね。
IMG_4838_convert_20230515100052.jpg
晴れてたらもっと綺麗なんでしょうけど、ちょっとくすんで見えました。



続きは後日に・・
[2023/05/14 22:09 ] | 香川 | コメント(2) | トラックバック(0)
夕焼けの父母ヶ浜は見られず・・

琴弾公園から海岸沿いを走ること20分、「父母ヶ浜(ちちぶがはま)」が見えてきました。

SNSでボリビアの絶景スポット「ウユニ塩湖」のような写真が撮れる
と話題になった、香川県の西、三豊市にある海水浴場

夕日のきれいな写真を見て、夫が行ってみたいと・・

駐車場も、地元の方が誘導してくださるので迷うことはありません。

一番近い駐車場も半分くらいで、意外と空いてました。
5月の連休は駐車場も予約が必要と書いてあり、さぞ混雑したのでしょうね。

昼間はあんなに天気が良かったのに、夕方になるにつれて雲行きが怪しくなって
夕焼けが見られるのだろうか・・

近くのヤマザキショップに父母ヶ浜あんぱんがあると聞いて、着くなり買いに行ってみると
幸い一個だけ残っていました。

あんことクリームが入ってて、予想外に甘さ控えめで美味しかったです。
IMG_1181_convert_20230508231223.jpg

浜辺は大きな潮だまりがいくつか出来ていて、地元のおじさまに無料で写真撮影を
してもらえるとあって列ができていました。

「二人で手をつないで飛び跳ねて」 とか
 
「向かい合ってハートを作って」 などなど

おじさまが声を掛けて、そのグループにあったポーズで風の止んだ時を狙って・・・
中には年配のご夫婦も・・

若い方が多く、恥ずかしくて無理でしたが

旅の恥は搔き捨てと考えたら、良い記念になったかも知れませんね。

IMG_4823_convert_20230430233500.jpg

この父母ヶ浜は、地元の方が定期的に清掃をされており、本当にきれいな砂浜でした。
IMG_1187_convert_20230508231300.jpg

この美しい自然を守るために、早朝に集まり、寒い時も暑い時も清掃活動を
続けておられるってスゴイことですね。


海のないところに住んでいると、無性に海が見たくなり、海を見ているだけで癒され
心が休まるような気がします。

日の入りまでいるつもりでしたが、雲に覆われきれいな夕日は見れそうになく
少し早めにホテルに帰ることにしました。

今夜は善通寺のビジネスホテル、直前でどこも満室でした。

香川の旅一日目終了です。

[2023/05/08 22:51 ] | 香川 | コメント(2) | トラックバック(0)
香川の金運スポット
いつだったかTVで見て、いつか行ってみたかった観音寺にある「銭形砂絵

まさか自分で運転して来るなんて思ってもみなかった・・

観音寺市の有明浜というところにあり、白砂に描かれた大きな銭形砂絵、

琴弾(ことひき)公園の松林に囲まれ「寛永通宝」を模した巨大な砂のオブジェです。

標識に沿って、一方通行の細い道を5分ほど登った琴弾山の頂上に展望台があり、

駐車場はそこから少し下ったところにあります。

展望台から見ると丸く見えますが、実際は東西122m×南西90mとかなり大きい楕円形です。
IMG_4812_convert_20230430233320.jpg

この砂絵を見たら健康で長生きでき、お金に不自由しないと伝えられ、観音寺市内で

宝くじの高額当選者が出たことから金運のパワースポットと言われてるそうですよ。

昨年の年末ジャンボは、京都の御金神社にお参りして1万円当選したので、今度は
もう少しUPしてほしいけど・・ 

山頂の大きな岩の上には、金運アップを願ってお賽銭?のつもりなのでしょうか

あちこちにコインが置いてあって、思うことは皆さん一緒ですね。
IMG_4814_convert_20230503201151.jpg


この後、ここから近いところで「天空の鳥居」がある高屋神社に行く予定でしたが

土日、祝は、シャトルバス以外は通行禁止なので時間がなくあきらめました。

この時すでに午後4時半、次の目的地「父母ヶ浜」まで🚗を走らせました。


いつもご訪問有り難うございます。


[2023/05/03 20:00 ] | 香川 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |