スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
モンセラット
バルセロナ3日目 続きです。

バルセロナ郊外にあるパワースポット、キリスト教の聖地モンセラットに行ってきました。

まずスペイン広場から鉄道に約1時間乗って山麓まで行き、そこから主に2通りの行き方が
ありますが、駅には案内の人がいて親切に切符の買い方を教えてくれました。

1つは「Aeri de Montserrat(アエリ・デ・モンセラット)」という駅で下車し、
そこからロープウェイで行く方法と、一駅先の「Monistrol de Montserrat
(モニストロル・デ・モンセラット)」という駅で下車し、もう一つの選択肢である
この可愛らしい登山鉄道に乗り換えてのこぎり山を目指します。
Cremalleraという名前のこの登山鉄道は、モンセラット修道院のすぐ近くまで行ってくれます

DSC02347_convert_20120513230827.jpg

モンセラットへの途中、車窓から見た天空の城ラピュタのような山、自然の偉大さを感じました。 
20111130 565-02

乗り換えした駅から見たモンセラットの幻想的な景色・・・
20111130 567_01

堆積岩でできています
まるで神様が宿っているかのようなこの形状が自然に作られたものとは驚きです。
20111130 574-02
工事中で少し残念・・・
神秘的な景色
現在でもたくさんの巡礼者がこの修道院を訪れます
DSC02355_convert_20120515235227.jpg

修道院内はこんな感じで地元の人たちと思われる人達が祈りを捧げていました。
見学コースの2階部分に、願いを叶えてくれると言われている黒いマリア像があり
お祈りはしましたが写真は・・撮れてないんです
20111130 58201

出口に近いところに、モンセラットの重要な見どころが一目で見られる黄色タイルがあり
ロウソクを買って供えるようになっていました。
20111130 57801

この後、軽く食事をしてから、更にケーブルカーでのこぎり山の上まで登ってみることにしました。

サン・ジョアンの展望台と言って、ほぼ90度に近い絶壁をケーブルカーで登って展望台に到着すると、
そこからの景色はもう言葉で表せないほどに神々しいものでした。
DSC02<br />367_convert_20120515235850.jpg
展望台から修道院を見ると絶壁がよくわかると思います
DSC02371_convert_20120515235634.jpg

山の上はハイキングコースになっていましたが、人も少なく少し散策しただけでしたが
何かパワーをもらったような気がしました。
スポンサーサイト
[2012/05/16 00:00 ] | スペイン | コメント(2) | トラックバック(0)
グエル公園 
ゴールデンウィーク、9連休だったパパさん
やりたい事の半分もできなかったとか・・申しておりました。
一人の時間はたっぷりあったと思うんだけど。。


さて、グエル公園の中にある、おしゃれなガウディの邸宅、時間もなく
中には入っていませんが、現在は博物館としてガウディの作品が飾られています。

DSC02314_convert_20120501222020.jpg

高台からはバルセロナの街が一望でき、サグラダファミリア(写ってない・・)
そして地中海も見えるんですよ
この日はあいにく曇りでしたが、素晴らしい眺めでした
DSC02311_convert_20120505160346.jpg

お土産屋さんを覘いてから坂道を下り、今度はバスに乗り次の目的地
サン・ジュセップ市場へ向かいました。

ランブラス通りからすぐ脇に入ったところにあり、バルセロナの台所と言われ
市内では一番大きい市場です。
繧ウ繝斐・+・・DSC02317_convert_20120507234504

果物屋さんには、フレッシュジュースやカットフルーツなどたくさんの種類が並んでいました。
ちょうど喉も渇いていたので、よく冷えたマンゴージュース(1~1.5ユーロ)を買い、
飲みながらブラブラ、見て歩くだけでも楽しいい市場でした。
DSC02316_convert_20120508170407.jpg

カットフルーツきれいでしょう?
すぐに食べられるようにフォークも付いて売っています。
20111130 560_01

そんな中に栗を見つけ、すごく安いから「これ○○産?」って聞いたら「スペイン産の栗だよ」と
お兄さんが言うので、オランダでは見かけないから1キロ(2ユーロ)だけ買って帰りました。
娘の家で茹でてみたらこれが結構ホクホクして美味しかったです。


もう薄暗くなってきて、晩ご飯は?やっぱりバル、すっかり気に入ってしまいました。
ガイドブックにあった、グラシア通り沿いにあるタパ・タパ、観光客向きで日本語メニューもあるのでわかりやすいかも
DSC02329_convert_20120508211754.jpg

でも、お味は前日のバルの方が美味しく感じた
パエリアを注文、大と小があって小にするが少し辛い
食べた後で写真を撮ってないことに気づくがもう遅い・・

ちょっとネコを思わせるようなサラダ
20111130 562

翌日はモンセラットへ日帰りです
[2012/05/08 22:05 ] | スペイン | コメント(6) | トラックバック(0)
グエル公園
今日からもう5月、早いですね~
次の旅行が迫ってきているのにバルセロナの旅行記が途中だった事に気づきました。
18日からオランダの娘のところに、そこからクロアチアに行ってきます。
でも、それまでに書けるかな~ 自信がありませんが・・


さて、サグラダファミリアを後にしグエル公園へ向かうことに・・
地下鉄の最寄の駅からは少し離れていて、所どころに看板はあるものの
少し不安でしたが歩いて行くことにしました。

グエル公園はかなり坂道の上にあり、お店を覘きながらブラブラ歩くと
坂の方にエスカレーター見えてきて思わず楽な方を選択、その先に漸く見えてきました
でも、そこの門は鍵がかかっていて入れず結局回り道をしてしまったみたいです。

入り口を入ると正面に見えるのがここ、中央には有名なドラゴン(残念ながら写真が・・)
どう見てもトカゲにしか見えませんが

DSC02300_convert_20120430215052.jpg

おとぎの国のような公園ですが、グエル伯爵とガウディによって自然と芸術に囲まれて
暮らせる新しい住宅地として設計されたそうですが、売れなくて市の公園になったそうです。
現在だったら夢があって売れるかも知れませんね

これはお土産物屋さん、何だかお菓子の家みたいです
DSC02305_convert_20120430215510.jpg

列柱ホールの天井には、破砕タイルのばら装飾があり四季を表しているんだとか
当時は市場になる予定だったホール、ずっと見ていても飽きないほど綺麗でした。
DSC02306_convert_20120430215609.jpg

石を組み合わせて作られた柱廊、公園内には3つあり車も通れるように広くしてあるそう
不思議な空間ですね。
繧ウ繝斐・+・・DSC02307_convert_20120430225518

バルセロナの街が一望できるテラスは、列柱ホールの上に作られています。
様々な破砕タイルやガラスで飾られたベンチは110メートルもあり、うねっていて
座り心地の良いベンチでした。

繧ウ繝斐・+・・DSC02310_convert_20120501220218

小高い山の方に上がると、違法なお土産売りがたくさんいて
見回りの車が来ると一斉に商品を包んで隠れ、通り過ぎるとまた店開きをしていました。
ちょっと怖そうな雰囲気、でも売れるからいるんでしょうね。

まだ続きます・・
[2012/05/01 21:10 ] | スペイン | コメント(4) | トラックバック(0)
サグラダ・ファミリア
カサ・ミラから地下鉄で二駅、駅名も「Sagrada Familia」です


スペインと言えば、真っ先に思いつくのがサグラダ・ファミリア
ずっと、ずっと思い続けてやっとここに来ることができました。


アントニオ・ガウディの代表作、サグラダ・ファミリアの最高の塔の高さは172mになるとか
完成は2026年の予定ですが、2016年という説もあるしだんだん早まっているのは確かです。
とにかく素晴らしいです!!
外観の写真を撮ろうと思うと、この前の道路を渡り公園をかなりバックしないと入りきれません

DSC02288_convert_20120215165913.jpg

ガウディ自身が建設に携わった、建物の東側にある「生誕の門」
キリストが誕生してから初めて説教を行うまでの様子を彫刻で表しているそうです。

ツアーなどの団体の場合は、こちら側の左手から入場できるようですが、個人だと
反対側の入り口にあるチケット売り場からとのことなので回ってみることにしました。

DSC02294_convert_20120303235625.jpg

行ってみるとそこには長蛇の列ができていました。

30分ぐらい並んでチケットを購入、一人13,8ユーロだったと思います。
エレベーターで塔に上がるには更に2.5ユーロが必要ですが、最初チケットと同時に
買わなかった為,時間が合わず残念ながら今回は諦めることにしました。

まだ午前中なのにすごい人で、やはり朝一番がおすすめですね
中に入ると聖堂は思ったより明るくシンプルな感じがして、ステンドグラスも神秘的で
とっても素敵!!

DSC02291_convert_20120216120355.jpg

天井はものすごく高く、柱は真っ直ぐに伸びてなくて素材によって色を変えてあるそうです。

繧ウ繝斐・+・・DSC02292_convert_20120303234249

完成した頃にもう一度来れたらいいな~と思うけど
可能性は薄いかも知れないね

まだ続きます・・
[2012/03/03 23:00 ] | スペイン | コメント(6) | トラックバック(0)
カサ・ミラ 屋上から降りると・・
屋上からすぐ下の最上階は倉庫として作られたようですが、アーチ型の天井の下には

カサ・ミラの模型が展示されていました。

ガウディの記念館でもあり、彼が設計した他の建築物の模型やパネル
外観だけでなく模型の内部も見ることができます。

DSC02275_convert_20120215165328.jpg

ユニークな形の椅子がたくさんあり、他の場所では座って写真を撮ることも可能

丸みを帯びているので座り心地は抜群に良かったです!

DSC02276_convert_20120215171448.jpg

その下の階には、19世紀後半から20世紀にかけてその当時を再現した子供部屋、
バスルーム、寝室、食事室などアンティークな家具が並んでいました。
アンティーク好きにはたまりませんね。

現在居住されている間取りもこんな感じなのでしょうか?? 7部屋あったような気が・・・

DSC02279_convert_20120215170316.jpg

こんな素敵な照明も うっとり 
DSC02281_convert_20120215170121.jpg

2階も見学できるそうですが、その時はわからなくて一階のショップだけ覘いて
芯が何色も混ざっている太い色鉛筆を買ってきました。
年賀状に使えるかなと思ったけど結局使わずじまい・・

この後、地下鉄に乗ってサグラダ・ファミリアに向かうことにしました。
バルセロナの主要な地下鉄の駅では、日本語で「あなたの不注意をスリが狙っています・・・」と
アナウンスが流れていてちょっとビックリ!
旅行される方は充分気をつけてくださいね。
[2012/02/15 12:35 ] | スペイン | コメント(6) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。