fc2ブログ
軽井沢町 白糸の滝へ

翌日は朝はゆっくりめに9時出発、観光はすべて長野県なので軽井沢町にある
白糸の滝に向かいました。

全国にいくつか白糸の滝がありますが、ここ軽井沢は上流に川がなく、浅間山の地下水が
湧き出し滝になっているので、雨の後でも水が濁らないのが特徴だそうです。

道路際にバスを止めて、自然に囲まれた遊歩道を歩くのはとても心地良く、滝に近づくにつれ

手前には小さな滝が水しぶきを上げていました。
IMG_5290.jpg

流れる水が糸のように静かに流れ落ちて・・・滝の側にいるだけで癒されますね。
IMG_5291.jpg

高さは3m、幅は70m、マイナスイオンを感じられて、リフレッシュできた気がします。
きっと今頃は紅葉も見ごろ、また違った趣があるのでしょう
IMG_5295.jpg


今日は全国的に暑かったですね。
この辺りも日中は23℃ぐらいあり、歩いていると汗ばむ陽気でした。

次は旧軽井沢の散策です。

[2023/11/02 22:15 ] | 信州 | コメント(2) | トラックバック(0)
志賀・草津高原ルートから万座温泉へ
ツアーの一日目は小布施の観光のみ、早めに万座温泉に向かいました。
信州中野から国道292号線を志賀高原方面へ、
IMG_5287.jpg

バスガイドさんは乗ってなくて、添乗員さんが気を遣って少し説明をしてくださいました。

標高1000mを超える志賀草津高原ルートには、火山活動で出来た無数の沼や池があり
素晴らしい景色を眺ながら絶好のドライブコースでしょうね。

娘たちが幼いころ夏休みになると毎年のように信州に来ていました。

いつの間にか成長し、親について来なくなっても、二人で車を飛ばして・・若かったです。

一度だけ、県境に近い横手山まで来たことがありました。
山頂にあったパン屋さん、まだあるようですね。  懐かしい・・・

県境の渋峠にある、日本国道最高地点(2172m)は、山の上にいるような感覚
バスから降りて、この絶景を眺めたい・・しかしそれは不可能、写真も撮れてません。

残念だけど、もう車でここに来ることはないでしょう。


一日目のホテルは万座高原ホテル、昭和の雰囲気が漂う温泉宿って感じでしたが
4種の源泉がある温泉はすごく良かったですよ。
IMG_1493.jpg

女性専用の内風呂が一つ、8つの湯船がある「石庭露天風呂」は混浴になっています。
IMG_5288.jpg

夜遅くに一緒にお風呂に行き、夫を探すも見当たらない
聞くと滑りそうだからすぐに上がったとか、確かにバランスの悪い夫には危ないかも
こけたら骨折ですものね。

食事は、朝、夕食ともビュッフェ形式でしたが、種類も多くまあまあ美味しかったです。

この国道も11月15日から来年4月24日まで通行禁止になるそうです。
紅葉は例年だと9月下旬頃からとか、関西より寒いだろうと思ったら当て外れ
半袖で十分でした。

翌日は軽井沢へ 続きます

また、UP寸前の記事が上半分消えてしまいました。
気を付けていたつもりなのになぜなんでしょう??

いつもご訪問くださり有り難うございます。


[2023/10/27 22:55 ] | 信州 | コメント(2) | トラックバック(0)
ツアーで巡る 久しぶりの信州

9月の半ばのことですが、観光は長野県、宿泊は群馬県というツアーに参加してきました。

日本三名泉の1つだというのに、草津温泉だけ行ったことがなくて・・

以前から一度は行ってみたいと思っていた草津の湯、関西からだと遠いんですよね。

全国旅行割が群馬県は延長とあって、旅行社のH.Pを見ても群馬に泊まるツアーばかり
関東から近いのに残っているということは、あまり人気がないのかな??


もうずいぶん長い間、泊りがけの団体ツアーには参加していませんが、時間さえ守れば
目的地まで連れてもらえる‥ こんな楽なことはありません。

集合は新大阪駅でしたが、京都駅からも乗車できたので、入場券を買って新幹線の
指定席で添乗員さんと合流しました。

新幹線はこだま、12号車が指定席になっているんですね。
名古屋駅から特急しなのに乗り換えて松本で下車、ここからバスです。

まず向かったのは小布施、駐車場にはツアーバスが何台も止まってて
1時間のフリータイム、浮世絵師、葛飾北斎の北斎館、時間がなくて入れなかったけど。。
IMG_5281.jpg

ここ小布施のアトリエでは、年老いてから恵まれた環境で大作を残しているんですね。
IMG_5280.jpg

2020年に新しくなったパスポート、査証ページには北斎の「冨嶽三十六景」の作品が採用されているとか

私は2019年に更新したのでしばらく見られませんが、次の海外はいつのことやら・・・

「もう海外には行かれへん」 と言う夫を置いては行けそうにありません。

駐車場から、そう遠くには行けないので近辺を散策することにしました。
雰囲気のある建物がたくさんあり、栗ご飯のランチが美味しい「蔵部」
IMG_5282.jpg

色んなあかりの道具を展示している「あかり博物館」その前には巨大なカブトムシのオブジェ
IMG_5284.jpg

大通りに面している「桝一市村酒造場」、お酒をやめている夫は
中を覗くと飲みたくなると素通り、試飲してみたかったのに・・
IMG_5286.jpg

最後に小布施は栗が有名なので、栗のジェラートを食べる。暑かったのでスッキリ

この後は万座温泉のホテルに直行です。



[2023/10/20 16:46 ] | 信州 | コメント(6) | トラックバック(0)
松本
信州の続きです

渋滞していた道路を右折して松本方面へ、途中豊科のインター近くで昼食をとり
下道を走ること20分程で到着 案外近いんですね

ちょうどお城の北側に駐車場がありすぐ入ることができました。
見ると一時間200円、観光地なのに安い!  

国宝松本城 文禄時代に建てられた五重六階の天守閣は、城の中では日本最古だとか
昭和11年に国宝に指定されたそうですね。
一部塗替工事が行なわれていました。

せっかく来たので天守閣に上がろうと思い入り口まで行くと
一時間半待ちでもいいですか~と・・・とても時間がないので本丸庭園だけ見ることにしました。

青空に映えてきれいです!
DSC02120_convert_20111019164533.jpg

松本は伝統的な町並みがあり、中でも商業が盛んだった松本、
特に蔵造りの建物が並ぶこの中町通りには見どころがたくさんあります。

DSC02126_convert_20111019165011.jpg

まずは「はかり資料館」 拝観料200円で色んなはかりに出会うことができますよ。

DSC02127_convert_20111022202053.jpg

旅館まるもと珈琲まるも、休憩しようと思ったけどいっぱいで残念
民芸家具に囲まれたステキなカフェでした。
DSC02125_convert_20111019165433.jpg

中町にある「カレーの店デリー」、パパさんは以前に友人と入ったらしく美味しかったとか

DSC02128_convert_20111019164900.jpg

午後3時、そろそろ我が家にに向けて出発です。
信州は遠いと思っていたけど、1泊2日でも充分楽しめるものですね。

また行きたいな~
[2011/10/22 23:00 ] | 信州 | コメント(7) | トラックバック(0)
安曇野から松本へ
ぽかぽかと暖かな日 お布団を干して、やりたいことは沢山あるのに

なかなか思うように捗りません

でも一人の時間って好きなんですよね。。


さて信州旅行の続きです

翌日は天気にも恵まれ、朝から向かったのは「安曇野ちひろ美術館」まだ人も少なく
ゆっくり見ることが出来ましたが、いつの間にか凄い人になってた
カフェも並んでいましたが、外のテーブルで景色を見ながらのティタイムは最高! 

DSC02111_convert_20111019164337.jpg

周囲には緑豊かな35000平方メートルもある「安曇野ちひろ公園」があり、
豊な自然を感じることができます。

とにかく広く、芝生に寝転んだり・・・
大花壇にはブルーサルビアがたくさん咲いていて、これは地上絵が描いてあるとか
ひまわりは時期的に枯れていましたが、もう少し早ければ綺麗だったでしょうね~

DSC02115_convert_20111019164158.jpg

この後、大王わさび農場の駐車場脇にある「おひさま」のロケ地に行こうとしたら
車が渋滞で全然進みません。
しばらくは待っていましたが、パパさんはいらち(関西弁)なものですからスルーして
松本に向かったのよ。 せっかくだから行きたかったのにね~
いつもこんな調子なんです。

松本は後日に・・ 
[2011/10/20 23:35 ] | 信州 | コメント(4) | トラックバック(0)
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>